【事前に確認!】UQモバイルのデメリット

UQモバイルは3大キャリアの良い所と、格安スマホの良い所の両方を兼ね備えたキャリアです。

しかしながら、だからと言ってメリットだらけの完璧なキャリアという訳ではないのです。

という事で、本日はUQモバイルを検討しているのであれば、絶対に確認しておくべきデメリットについてご紹介いたします。

2年縛りのある契約

違約金

まず一つ目のデメリットとしては、2年縛りの契約であるという点でございます。

これは3大キャリアで見られる契約の縛りであり、その2年の期間内に解約してしまうと違約金が9,500円(税別)発生してしまうのです。

加えて自動更新型の契約ですので、違約金なしで解約・乗り換えを行おうとすると、更新月内での解約が必要になるのです。

ユースケ
格安スマホは、基本最低契約期間後はいつでも違約金なしに解約できるので、この点ではデメリットと言えるでしょう。

違約金を回避する方法

この解約時の違約金ですが、更新月での解約以外は費用がかかります。そこは多くの方が理解していますが、正確な更新月を間違える事が多い様です。正確には契約後から25ヶ月目が更新月に当たりますので、契約月が2018年の1月であれば2020年の2月の間が更新月になります。間違っても2年後の1月に解約しない様に気を付けましょう!
UQモバイルの解約は簡単?解約の方法と注意点をシンプルに解説!

スマホの契約を考える際、恐らく契約方法についても事前に確認される方は多いでしょう。 かくいう私もそのタイプです(笑) よって、ここではこれからUQモバイルを検討している方も、すでに契約中で解約方法を知 ...

 

sim契約で全てのスマホを使える訳では無い

UQモバイルのメリットの中には他社のスマホもsimロック解除する事で利用できるというポイントがあります。

しかし、これは他社もしくはsimフリーの全てのスマホで使えるという訳ではないのです。

あまりにも古くてsimロック自体ができないスマホはもちろん、それ以外にも動作保証外としてUQモバイルでの利用が推奨されていない機種も存在しているのです。

それは結構痛いかも・・・。
ユーコ
ユースケ
まぁその情報を公開してくれているだけマシですね^^;
ユースケ
あ、ちなみに最新のiPhone系は利用可能です♪

UQモバイルで使えるスマホ一覧

ポイント

ちなみに、動作保証外だからと言って、全く使えない訳ではありません。単純にUQモバイルさんで接続実績がないだけで利用できる機種も存在するでしょう。しかし、実績のない機種にsimを差し込むだけで、不具合だけに止まらずに端末やsim自体が故障する可能性がありますので、無理は禁物です。

 

一部iPhoneのテザリングができない

テザリングができるiPhone

個人的に一番痛いと思ったデメリットが、一部のiPhoneでテザリングができないという点です。

「一部のiPhone」とは具体的にどのiPhoneなら可能かという点ですが、UQモバイルで販売を行なっているシリーズのiPhoneであれば、sim単体契約でもテザリングが可能でございます(iPhoneSEやiPhone6s)。

しかし、現在販売されているiPhone6s以降、すなわちiPhone7や8、iPhoneXなどに関してはテザリングが出来ないのです。

UQモバイルでiPhoneを使うデメリットとかあるの?という疑問を検証してみた。

今や他社のスマホであっても他のキャリアで当然のように使えるようなご時世です。 そして、その選択肢は年々増えていっている状態ですが、中でも多いのがiPhoneを用いた乗り換えでございます。 が、このiP ...

データシェアできない

手持ちのiPhoneでテザリングが出来ないとなると、Wi-Fiモデルのタブレットを外出先で利用したい方は別の手段を考えるでしょう。

その方法の一つにsim単体契約のデータをシェアできるオプションを利用するという手段が考えられます。

ユースケ
というか、私がその方法を考えました^^;

が、残念ながらUQモバイルでは、そういった通信データを共有する事ができるオプションは提供されていないのです。

データsimは家族割対象外

となると、次に考える方法は音声通話がついていないデータ通信専用のデータsimの契約です。

もちろんデータsimの契約を行うことで、動作保証が行われているタブレットであれば利用が可能となります。

が、折角ですので使える割引は使ってしまおうという事で、iPhone用のsim契約とタブレット用のデータsim契約で家族割を利用しようと考えました。

しかし残念ながら、家族割は音声通話もできるおしゃべりプランもしくはぴったりプラン同士でないと適用が出来ないのです。

うーん、それは残念だね。
ユーコ
ユースケ
まぁ、元々が安いから別に良いんだけどね^^

 

データ通信量のプランは最大14GBまで

UQモバイルの通信プラン

UQモバイルには3つのデータ通信量のプランが用意されています。

それぞれ、1GB・3GB・7GBとありますが、増量オプションの適用(自動適用)でそれぞれのデータ通信量は初めの2年間は2GB・6GB・14GBというデータ通信量の上限となります。

個人的には14GBもあれば十分過ぎるデータ通信量なのですが、ご存知の通り3大キャリアでは50GBという超大容量なプランが存在しています。

よって、今までの利用通信量の環境がそういった大容量の通信環境だった場合は、UQモバイルに乗り換える事で通信量の上限が圧迫されてデメリットに感じてしまう事もあるでしょう。

ユースケ
ちなみに私は6GBの契約で、丁度良い位です^^

 

ネット回線との割引がない

割引

スマホ業界では最近かなり多くなってきていますが、スマホと自宅の固定回線を両方とも同じ会社で契約する事で、割引が適用されるというサービスがございます。

これは大手キャリアから始まった割引サービスですが、最近では格安スマホ市場でも徐々に参入しているところが増えてきている印象です。

もともとUQモバイルもau回線を使ったスマホのサービスですので、au光などのセット契約で割引が適用されそうな雰囲気ですが、なぜかセット割りの様なサービスは提供されていないのです。

ポケットWi-Fiとのセット割りは?

UQモバイルはインターネット回線とのセット割引は無いという事ですが、ここで「はい、そうですか」と引き下がる訳にはいきません^^

UQではポケットWi-Fiの提供もございますので、そちらとの家族割やセット割引がないか調査してみました。

しかし、やはり別部署っぽい扱いになり、特に割引もキャンペーンも存在していませんでしたので、両方を契約しても単体同士の契約になるのです。

 

デメリットかどうかは、あなた次第!

UQモバイルのサービス

こう見てみると、UQモバイルでも意外とデメリットになりうるポイントは多いという事がお分かりいただけるでしょう。

しかし、ここまでUQモバイルのデメリットについて述べてきましたが、正直な所これらがデメリットになる人というのは、かなりの少人数なのです。

事実、私のケースで言っても敷いて挙げるのであれば最新iPhoneでテザリング使えない点ですが、UQモバイル契約があれば街中のWi2 300というWi-Fiスポットが使えるので、タブレットの利用は困ることはありません。

ネットとのセット割りに関しても、もともとのUQモバイルの月額が安いのでデメリットと言うよりかは、その状態でもメリットの方が大きいのですw

ユースケ
むしろ、大手キャリアと格安スマホの美味しい所取りで、最強なんですけどね^^



スポンサードリンク




スポンサードリンク




オススメの申込方法!!

正規代理店Link Life

堂々の第1位はLinkLifeという正規代理店経由で申し込みすることで適用されるキャッシュバック付きの申し込み方法となります。

また、キャッシュバック適用の為にオプションの加入が必要など特別な条件はありませんので、通常の月額で申し込みするだけで適用が可能となります。(機種変更は対象外)

公式オンライン

UQモバイルの公式オンラインでの申し込みでは、必要最低限のプランを自分で選択・申込が可能です。

なおかつ「データ高速+音声通話」での申込や、下取りサービスの適用が可能となっています。

店舗での契約

プラン

第3位は対面で説明を受けることができる店舗での契約となります。全くの初心者で自分で調べる時間が惜しいという場合はオススメです。

ただ、オプションなどの加入が必須だったりと店舗によってはHP記載の料金よりも高くなる可能性がございますので、その点は注意が必要です。

更新日:

Copyright© UQマニア , 2019 All Rights Reserved.