enひかり

【月額比較】enひかりって他の光回線と比べてどれ位安いの?

更新日:

現在、インターネット回線の種類はかなりの数が存在しています。

そんな中で業界最安値をうたっているenひかりですが、実際に利用するとなった場合の月額で比べても安いのかは、パッと見ではなかなか分からない点でございます。

そこで、本日は実際にenひかりを利用した場合の月額を、シミュレーションしてみたいと思います。

基本料金での比較

ネット回線の基本料金の差

まずは、月額の基となる基本料金での比較を見てみましょう。

今回比較するのは、私の実家で利用しているソフトバンク光との比較となります。

マンションタイプ 戸建タイプ
enひかり 3,300円 4,300円
ソフトバンク光 3,800円 5,200円

やはり、enひかりの公式サイトに記載のように基本料金での比較であれば、圧倒的にenひかりが安いという事実ですね^^

ユースケ
特に戸建料金の安さは凄まじいですね(汗)

 

スマホセット利用時の月額比較

スマホとネット回線のセット割引比較

続いては、それぞれのネット回線とスマホの割引を適用させた場合の料金で比較してみましょう!

ここからは少しややこしくなりますので、集合住宅と戸建てのパターンを分けて比較したいと思います。

集合住宅の場合

まず、集合住宅(マンションタイプ)での比較でございます。

enひかりに関しては、ネット回線側で特に条件はございませんので、単純に基本料3,300円から割引の100円が適用され、3,200円での利用となります。

続いて、ソフトバンク光の場合は少し特殊で「おうち割光セット必須オプション」という月額+500円の加入が条件となります。

よって、ソフトバンク光自体の月額は4,300円と高くなりますが、代わりに割引額は500円~1,000円(スマホのプラン次第)と高い金額で設定されています。

enひかり ソフトバンク光
単体 3,300円 3,800円
スマホあり 3,200円 3,300〜3,800円
ユースケ
まぁ、割引が1,000円でも合計は3,200円と実質3,300~3,800円ですので、enひかりの方が安いですね。

ポイント

enひかりはネットの月額からの割引となりますが、ソフトバンク光の場合はスマホの月額からの割引となります。

戸建の場合

次に戸建てタイプでの比較ですが、こちらでも基本料金が異なるだけで、割引額やセット割の条件は同じとなります。

よって、enひかりは4,200円に対して、ソフトバンク光は実質4,700~5,200円という月額となります。

enひかり ソフトバンク光
単体 4,300円 5,200円
スマホあり 4,200円 4,700〜5,200円
戸建で比較すると、結構な差になるね♪
ユーコ

 

オプション付きで申し込みの場合

ネット回線のオプション費用の差額

現状、ここまでの内容を考えると、enひかりの方が安く利用できている状況ですね。

ただ、念には念を入れて、オプションに加入した場合の月額の比較も見てみましょう!

光電話加入時

まずはネット回線にて固定電話の利用をする場合は、光電話のサービスに加入されるでしょう。

この場合、enひかりでは単純に+500円を追加するのみで光電話の利用が可能でございます。

が、ソフトバンク光に関しては少しややこしく、「ホワイト光電話:+467円」に加えてそれを接続するための機器である「光BBユニット:+467円」の両方が必要となります。

マンションタイプ

enひかり ソフトバンク光
単体 3,300円 3,800円
光電話付き 3,800円 4,734円

戸建タイプ

enひかり ソフトバンク光
単体 4,300円 5,200円
光電話付き 4,800円 6,134円
ユースケ
やっぱりenひかりの方が安いや(汗)
こんなに圧倒的に差が出るなんてね^^;
ユーコ

Wi-Fiオプション加入時

続いてはWi-Fiのオプションをつけた場合の比較となります。

どちらの光回線もWi-Fiのサービスは標準で搭載されていない機能ですので、オプション加入もしくは自分で無線ルーターの用意を行う必要がございます。

まず、オプションでのWi-Fi利用に関してですが、無線LAN機能付きのホームゲートウェイ 300円/月に加入する事で利用が可能です。

同じくソフトバンク光でもWi-Fi利用オプションがありますが、その場合はオプションで月額1,457円/月(光BBユニット+Wi-Fiマルチパック)にて利用が可能となっております。

ユースケ
ちなみに、ソフトバンク光ではスマホとセットでする事でWi-Fiのオプションが500円で利用する事も可能です。

マンションタイプ

enひかり ソフトバンク光
単体 3,300円 3,800円
Wi-Fiオプション付 3,600円 5,257円
セットでは4,200円

戸建タイプ

enひかり ソフトバンク光
単体 4,300円 5,200円
Wi-Fiオプショ付 4,600円 6,657円
セットでは5,700円
それでもenひかりの方が安いのね^^;
ユーコ

さらにお得にする方法

上記の通り、enひかりでWi-Fiオプションを付けても+300円しか変わらないのでお得感は十分にあるのですが、もっとお得に利用する方法がございます。

それは特別な方法ではなく、単純に自分でWi-Fi(無線)ルーターを用意する方法でございます。

と言うのも、オプションの300円は1回のみの支払いではなく、毎月課金されるものですので2年間の合計で言えば7,200円となりますし、3年間で計算すれば10,800円と言う数字になります。

よって、意外かもしれませんが長い目で見れば自分でルーターを購入した方がトータルのコストは安く抑えることが可能なのです。

もちろん、販売されている無線ルーターの価格はピンキリですが、日本製のIPv6通信(高速通信)が可能なルーターでも、このように比較的安い値段で購入できる時代なのです。

[amazonjs asin="B07FVZT85M" locale="JP" title="I-O DATA WiFi 無線LAN ルーター 11ac 867+300Mbps IPv6 3階建/4LDK/土日サポート/(iPhone XS・XS Max/Echo対応) WN-AX1167GR2/E"]

ユースケ
ありがたい世の中になりましたね^^

 

enひかり、安っ!!

月額が安い光回線

結論としては、初めからある程度は予想できていた通りですが、やはりenひかりの方が安く利用する事が出来ますね^^

どちらの回線も同じフレッツ光のコラボ回線ですので、通信品質は同等

違うのはサービスと月額くらいですので、この比較を見てソフトバンク光を選ぶ理由が見当たらないですね^^;

UQモバイルとの割引もあるし、申し込みしてみようかしら^^
ユーコ
ユースケ
速度が同じなら、安さが正義だね♪

スポンサードリンク




スポンサードリンク




オススメの申込方法!!

正規代理店Link Life

堂々の第1位はLinkLifeという正規代理店経由で申し込みすることで適用されるキャッシュバック付きの申し込み方法となります。

また、キャッシュバック適用の為にオプションの加入が必要など特別な条件はありませんので、通常の月額で申し込みするだけで適用が可能となります。(機種変更は対象外)

公式オンライン

UQモバイルの公式オンラインでの申し込みでは、必要最低限のプランを自分で選択・申込が可能です。

なおかつ「データ高速+音声通話」での申込や、下取りサービスの適用が可能となっています。

店舗での契約

プラン

第3位は対面で説明を受けることができる店舗での契約となります。全くの初心者で自分で調べる時間が惜しいという場合はオススメです。

ただ、オプションなどの加入が必須だったりと店舗によってはHP記載の料金よりも高くなる可能性がございますので、その点は注意が必要です。

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

ユースケ

au、マイ◯オを経て、UQモバイルにたどり着いた会社員(アラサー)。CMで流れるUQモバイルを調べている内にかなり詳しくなってしまったので、その情報をシェアしようとこのサイトを立ち上げました^^

-enひかり

Copyright© UQマニア , 2019 All Rights Reserved.