機種情報

UQモバイルのAQUOS senseとAQUOS sense2の違いは?月額や性能を比較!

更新日:

UQモバイルではAQUOS senseという機種が販売されていましたが、新しくAQUOS sense2の販売も開始されました。

基本的には、新しいAQUOS sense2の方が性能は良いイメージですが、実は微妙に劣化している部分もあるのです。

そこで、ここではこの2つの機種のスペック差や月額差などを比較したいと思います。

AQUOS senseとAQUOS sense2のスペック差

AQUOS sense AQUOS sense2

では、早速AQUOS senseAQUOS sense2の2つの機種のスペック差を見てみましょう。

表にて各スペックを記載しますが、これだけでも新機種であるAQUOS sense2になることで、数値的に落ちている部分がある事がお分かりいただけるでしょう!

AQUOS sense AQUOS sense2
インチ数 5インチ 5.5インチ
カメラ 1,300万画素 1,200万画素
バッテリー容量 2,700mAh 2,700mAh
対応OS Android™ 7.1 Android™ 8.1
CPU 1.4GHz/4コア
+1.1GHz/4コア
1.8GHz/8コア
本体容量 32GB 32GB
防水・防塵 あり あり
デザリング あり あり
指紋認証 あり あり
あ~、確かにメインカメラが悪くなっているね(汗)
ユーコ

画面は大きくなった。

AQUOS sense2では旧機種では5インチだった画面が5.5インチにサイズアップしているので、この点に関しては進化していると感じれる部分でございます。

ちなみに、画面が大きくなったと言っても、スマホ本体に対して液晶部分の比率が上がっただけですので、スマホ本体自体が0.5インチ分大きくなったという事ではありません。

スマホ正面を占める液晶の面積が増えたって事だよね?
ユーコ
ユースケ
そう、いわゆるベゼル幅が小さくなったって事だよ^^

ベゼル(bezel)とは「枠」や「額縁」を意味し、転じて液晶ディスプレイなど表示装置部分を保護する部品を指します。ベゼルそのものは電気的な役割を持たない"骨格"に相当するため、より薄く細くしたほうが筐体の小型・軽量化につながります。数年前と現在の薄型テレビを比較すればわかるように、"狭ベゼル化(狭額縁化)"がディスプレイ装置全体のトレンドです。

カメラ性能は旧機種が上

続いてはカメラ性能についてですが、なんとAQUOS sense2よりも旧機種であるAQUOS senseの方がカメラの性能は高いのです。

新しい機種の方が性能が劣るって、珍しいわね(汗)
ユーコ

もちろん、性能が劣ると言ってもそこまで大きく劣るという事はありません。

実際800万画素以上の画質の世界では肉眼ではその差は分からないと言われるレベルですので、AQUOS sense2の1,200万画素もあれば基本的に気になる事はないでしょう。

OSの最新バージョンに対応!

AQUOS sense2になった事で万人に喜ばれる変化としては、やはり対応OSが7から8にアップした事でしょう。

現状、対応OSが7であっても基本的に利用の上で不都合などはございません。

ただ、これが3〜5年後となると各種アプリ等で不具合が生じる可能性がありますので、スマホを2年ごとに機種変更する事なく3年、4年・・・と使い続ける方にとっては不安の種となるでしょう。

CPUも向上!

AQUOS sense2になった事で以前よりもCPUも向上しました。

が、向上したと言っても1.8GHz/8コアですので、UQモバイルで販売されている他のハイスペック機種に比べると、まだ数値的には負けている状態ではございます。

とはいえ、現状販売されている防水・防塵機能つきのスマホとしては、一番高い数値のスマホとなっている事には違いはないでしょう。

ユースケ
最新OSにも対応しているので、新し目のスマホゲームでも爆速ではないが普通にプレイできるスペックとお考えください。

 

変わらない部分

スマホのプラン

もちろんAQUOS sense2になったからと言って、全てが変わった訳ではありません。

以前と変わらず、便利で長所となる部分はそのまま継続されています。

具体的には以下の機能がAQUOS senseとAQUOS sense2で共通する項目でございます。

おサイフケータイ 防水・防塵
IGZOディスプレイ テザリング可能
シャープ製 指紋認証

個人的には「おサイフケータイ」と「防水・防塵」、そして何と言っても「指紋認証」の継続はありがたいですね^^

 

月額はやはり異なる

月額

さて、お次は一番気になるであろう月額差の部分でございます。

もともとAQUOS senseは機種代金の分割代金と同額のマンスリー割適用されている機種で、かなり安く利用できる機種でした。

対して、新しい機種であるAQUOS sense2でもマンスリー割の適用はあるものの、やはり最新機種なだけあってマンスリー割の金額はAQUOS senseよりも少ないのです。

具体的な金額差は、現時点(2018年11月)で1,080円となります。

AQUOS sense AQUOS sense2
分割代金/月 1,296円 1,512円
マンスリー割/月 -1,296円 -432円
月の実質分割代金 0円 1,080円
ユースケ
この部分は、新しい機種だから仕方ない部分ではありますね(汗)

 

結局どっちが良いの?

どっちのAQUOS senseがおすすめか

結局のところ、AQUOS senseとAQUOS sense2のどちらがオススメかという問題ですが、これに関しては上記の通り双方に異なるメリットが存在する状態ですので、一概にどちらがオススメとは言えません。

しかし、条件を絞って考えた場合はどちらを購入すべきかは明確に判断する事が可能でしょう。

AQUOS senseがオススメな人

  • 月額を安く使いたい方
  • 防水機能付きでよりカメラの画質が高い機種を希望する方
  • 2年後に機種変更もしくは乗り換えを考えている方

AQUOS sense2がオススメな方

  • 3〜5年という長期間同じスマホを使いたい方
  • より大きい画面のスマホが欲しい方
  • 防水付きでゲームアプリを利用される方
確かにこれだけ希望が明確であれば、判断は簡単だね^^
ユーコ
ユースケ
だね♪これで自分の希望にあった機種を選べるね!

↓ 公式オンラインストアで見てみる ↓

スポンサードリンク




スポンサードリンク




オススメの申込方法!!

正規代理店Link Life

堂々の第1位はLinkLifeという正規代理店経由で申し込みすることで適用されるキャッシュバック付きの申し込み方法となります。

また、キャッシュバック適用の為にオプションの加入が必要など特別な条件はありませんので、通常の月額で申し込みするだけで適用が可能となります。(機種変更は対象外)

公式オンライン

UQモバイルの公式オンラインでの申し込みでは、必要最低限のプランを自分で選択・申込が可能です。

なおかつ「データ高速+音声通話」での申込や、下取りサービスの適用が可能となっています。

店舗での契約

プラン

第3位は対面で説明を受けることができる店舗での契約となります。全くの初心者で自分で調べる時間が惜しいという場合はオススメです。

ただ、オプションなどの加入が必須だったりと店舗によってはHP記載の料金よりも高くなる可能性がございますので、その点は注意が必要です。

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

ユースケ

au、マイ◯オを経て、UQモバイルにたどり着いた会社員(アラサー)。CMで流れるUQモバイルを調べている内にかなり詳しくなってしまったので、その情報をシェアしようとこのサイトを立ち上げました^^

-機種情報

Copyright© UQマニア , 2019 All Rights Reserved.